「こいつ、動くぞ!」実物大ガンダム起動!見に行ってみた(横浜・山下埠頭)

この記事は約10分で読めます。

こんにちは、Linです🌸

2020年12月19日から2022年3月31日まで公開の実物大ガンダム起動(横浜・山下埠頭 GUNDAM FACTORY YOKOHAMA)を見に行ってきたので、どんな感じだったかレポしたいと思います。

🌸実物大ガンダムの歴史

全高18mの実物大ガンダム(RX-78)というと機動戦士ガンダム放映30周年記念での2009年7月〜8月、潮風公園の立像公開から始まりました。(公式サイトは終了しているため、ガンダムインフォさんのサイト参照)

2010年にはビームサーベルを持った姿で「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」に登場。2011年にはお台場にてパーツがバラバラの状態で、間近で見れるように展示されました。

2012年から2017年にはダイバーシティに再度立像の状態で展示されましたが、3月5日に終了し、入れ替わりに全高21.7mユニコーンガンダム(デストロイモード)の立像公開。

放映40周年に当たる2019年には再度、実物大ガンダムがカムバックするのではという噂もありましたが、実物大ガンダムのイベントではなく、

これまでの劇場版ガンダムを最新上映システムで映像新体験できるというイベントに。(ガンダム40周年公式サイトはこちら)

41周年目の2020年の12月に実物大ガンダムが動く企画がついに実現に。バージョンはRX-78F00ガンダム。(2020年)横浜が元々地球連邦軍の基地だったという設定で、埋まっていたパーツを組み立ててできたというバックストーリー。

場所は横浜の山下埠頭にあるガンダムファクトリーです。(公式サイトはこちら)

🌸ガンダムファクトリー:GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

開催期間は、2020年12月19日から2022年3月31日

実物大ガンダム起動実験、もといモビルスーツの起動実験ということで、この巨大ロボがどんな風に動くのか実際に見に行ってみました!

…やはり大きさが大きさなので、港(埠頭)になるんですねえ。ていうか横浜の山下公園なんてデートスポットじゃないですか。ずいぶん久しぶりに来ましたよ(白目)

アクセス

電車の場合:

みなとみらい線「元町・中華街」駅4出口(マリンタワー口)より徒歩7分

バスの場合:

横浜市営連節バスの“BAYSIDE BLUE (ベイサイドブルー)” バス停「山下ふ頭」にて下車、徒歩3分。

ほか、横浜駅前発の横浜市営バス8系統で中華街入り口。26系統で山下公園前。それか58系統で中華街入り口まで。

観光スポット周遊バス「赤い靴」(山下公園から桜木町方面行き)でもいけます。

お車の方:

駐車場はなく、近隣駐車場の割引もないようです。なので「特P」サイトはこちら)などの予約できる駐車場で先に予約してから行くのがベスト。

GUNDAM FACTORY YOKOHAMAソーシャルディスタンスの表示
GUNDAM FACTORY YOKOHAMAソーシャルディスタンスの表示

チケット

購入方法

日時指定(ネット決済):公式サイトから購入可能。ちなみに私の回線の問題もあるかもしれないんですけど、けっこう電波が悪い&サイトが重いので、表示されるのにちょっと時間がかかるかも…

海風が冷たいので寒い時期に行く予定の方は防寒をしっかりしていったほうが良いです。

当日入場券:GUNDAM FACTORY YOKOHAMAの建物正面入り口にて販売されています。現金、クレカ、コード決済可能。

入場料金(入場のみ。ドックは別料金)

大人(13歳以上)は1650円(税込)、小人(7歳から12歳まで)は1100円(税込)です。

(それより小さなお子さん連れの方も来てみえました。ドックは入れるのかどうかは分からないです)

ドックのチケット(ガンダムを間近で見れるチケット)

大人も小人(7歳以上)も関係なく3300円(税込)です。

入場券と合わせて4950円なので、値段が張るなあと思いましたが、

行ってみると大迫力!

2020年実物大ガンダムRX-78F00 ドック6階から
2020年実物大ガンダムRX-78F00 ドック6階から

ガンダムファンはドックに行ったほうがいいです!(力説)

入場時間

1月は10時〜20時、2月の平日は11時〜20時(最終入場19時)、土日祝は10時〜20時(最終入場は19時)となっていますが、コロナの状況次第で3月以降の営業時間はまだ決まっていないようです。

🌸行ってみたレポ

それでは行ってみたレポ。

「アムロ、行きます!」(古谷さんボイス脳内再生)

ガンダムファクトリー

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA入り口
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA入り口

最寄り駅の本町・中華街駅を降り、海の方へ徒歩7〜8分ほど行くと、ガンダムファクトリーの建物とガンダムの頭部が見えてきます。

ACADEMY

どうやって動くガンダムを作ったのか、どんな仕掛けで動いているのか、技術提供をしたテクニカルパートナー(企業)さんやプロジェクト関係者達のコメントと共に展示が。

昭和43年(1973年)に完成した世界初の本格的人間型知能ロボット「WABOT-1」、それから2003年に完成した不整地歩行や転倒からの起き上がりが出来る「働く人間型ロボット」であるHRP-2(プロメテ)の展示のほか、

実物大ガンダムの腰部の回転や指関節の動きの仕組みがわかる模型(動かせます)、外装フレームパーツを組み立てられる模型といった展示物がありました。

企画展

実物大ガンダム起動のための技術について、期間を3つに分けて企画展が開催されます。実際の開発に使われた技術や製品を展示しながら構造や仕組みが見られるという貴重なモノ。

①テーマ「皮膚と外装」「感覚器とセンサー」(2020年12月〜2021年2月予定)

②テーマ「筋肉/関節とモーター/減速機」(2021年3月〜同11月予定)

③テーマ「骨とフレーム」「頭脳とプログラム」「神経と内部記憶」(2021年11月〜2022年3月予定)

というわけで今回は外装についての展示。2009年の初代実物大ガンダム(RX-78-2ガンダム Ver.G30th)との外装の違い説明など面白い。横から見比べるとずいぶんスリムになったんですねえ。足も小さくなったし。

しかも初代は下から見上げることを前提にしているので頭部パーツを大きめに作っているのですが、今回の実物大ガンダムはなんと9頭身。モデル体型ですね〜。

2020年実物大ガンダムRX-78F00と、2009年の初代実物大ガンダム(RX-78-2ガンダム Ver.G30th)との外装の違い
2020年ガンダムRX-78F00と、2009年の初代実物大ガンダム(RX-78-2ガンダム Ver.G30th)との外装の違い

腕と脚の外装はCFRP(炭素繊維強化プラスチック)で軽量化し、フレームは鉄を使用。肩と膝には国内最大級の減速機、腰と太ももにはシリンダーが使用されています。

太ももを上げるときに裏側のシリンダーが見えてくるようなので、巨大メカのそういうところに萌えちゃう方、楽しいだろうな〜

ガンダムパイロットビュー:GUNDAM PILOT VIEW

GUNDAM PILOT VIEW
GUNDAM PILOT VIEW

ソフトバンクの5Gをしようし、実物大「働くガンダム」のパイロット目線をVRドーム内で体験できるコーナーがありました!

1グループに1人だけ体験できる整理券をもらっておかないといけないのですが、ちょうど来場者の少ない日だったからか、その場で並んで参加もできました。

動く実物大ガンダム起動!

2020年実物大ガンダムRX-78F00

実物大ガンダムが動くのは30分毎です。10時からの開場なので、1日の中の初回は10:30。時間にすると約8〜9分ほど。

動きはゆっくりなのですが、8倍速にした動画があったので貼ってみました

なるほど、これは良い感じに凄さが伝わってきますね!

8倍速の動画はナレーションではなく音楽になっているので出てこないのですが、一応簡単なストーリー仕立てになっているので、ぜひ、見に行ってみてください☺️✨

巨大ロボが滑らかに動くのをみれるのはなかなか興奮しますよ!

ドックへ

2020年実物大ガンダムRX-78F00のドックに並ぶ

感染対応の問題で、24人乗れるエレベーターが10人までになっています。ソーシャルディスタンスを取りながらグループ毎に1組で並んで行きます。

ちなみにバックパック(リュック)または肩掛け鞄のみ持ち込み可能なので、上に上がる前に、それ以外の手提げ類は100円ロッカー(使用後に戻ってくるやつ)へ。

(エレベーターに乗る直前にアナウンスがありますが、エレベーター前にロッカーがあるのでそこは安心してください)

エレベーター

エレベーターの内壁デザインがガンダムになってて、良い感じ。ちなみに、エレベーター内は私語禁止です。

5階から

2020年実物大ガンダムRX-78F00 ドック5階から
2020年実物大ガンダムRX-78F00 ドック5階から

我々のチームは最初にまず5階へ上がり、決まった時間でローテーションして場所を移動して行きます。

途中、動く時間に前のポジションが取れるとラッキー!

ちなみに5階ではガンダムが前に移動していく後ろ側の台車の動きが見えるので、それも楽しい。

6階から

実物大ガンダムの全高が18mでちょうど6階建ての建物と同じなので、6階に行くとガンダムの頭部と同じ高さで見ることができます。

いやこれほんと、間近に見れるのってすごい!

2020年実物大ガンダムRX-78F00 ドック6階から
2020年実物大ガンダムRX-78F00 ドック6階から

ちなみにドック内の滞在時間は約1時間です。海風で結構冷えるので防寒はバッチリして行ってくださいね〜!

🌸フード(ガンダムカフェ・フードトラック)

ガンダムカフェ:GUNDAM Café YOKOHAMA Satellite

ガンダムファクトリー建物の2階はカフェ。店内やデッキからも動く実物大ガンダムが見れます。

ジャブローコーヒーはないのですが、横浜バージョンのラテアート入りカフェメニューがあります。

また、横浜中華街を代表する肉まんのお店「江戸清(エドセイ)」特製コラボメニューの「ハロアンまん」「エビチリまん」も。(江戸清の公式サイトはこちら)

フードトラック

フードトラックにはオリジナルクリアボトル付きのタピオカドリンク(税込1320円)や、ハロのケース入りのポップコーン(税込2640円)なども。(普通の入れ物でよければ飲み物は660円から。ポップコーンは550円です。)

おまけ:トイレ

トイレのデザインも良かったので撮ってみました。(誰も他に入ってなかったので、盗撮ではないと先に言わせていただきます)

🌸ガンダムベース(グッズ売り場)

ガンプラ1/144ガンダム&ガンダムドック、ROBOT魂<SIDE MS>RXー78F00ガンダム、魂STAGEのACT.G-DOCKなど、横浜・ドック仕様のガンプラ、ガンダムフィギュアや文房具などのグッズ、

赤煉瓦通りの「生キャラメルナッツ」、横濱ハーバーの「ミルキーマロン」といったコラボお菓子などが売っていて、グッズ売り場もなかなか楽しい。(グッズ内容は公式サイト参照)

(ちなみに超合金xGFY RX-78F00 GUNDAMはすでに完売していました。はやっ)

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

🌸FUTURE:メッセージボード

ちなみに会場入って左手の壁には、赤、青、黄色のカードに感じたことや未来への希望などガンダムへの思いを書いて貼っていけるメッセージボードが。

富野由悠季さんからのメッセージも書いてあって、ちょっとじんわり。

🌸おまけ

あちこちにあるガンダム要素

ソーシャルディスタンスの表示、コンテナ、路面など、端々にガンダムを見つけて写真撮影です。笑

ディズニーのミッキー探しみたいな感じではないと思うんですけど、これ結構楽しい。

【未開封】一番くじ 機動戦士ガンダム ガンプラ40周年 B賞 マスターグレード RX-78-2 ガンダムVer.2.0 ソリッドクリアスタンダード プラモデル【加納店】

入場時にもらったガンプラ

入場時、1/100スケールのガンプラをいただきました!

ガンプラといえば2009年の30周年記念の時もなんらかの頂きガンプラがあったけど結局作れなかった気がする。

今回は作ってみようか?なんて思ってみたり。

…といっても、手先不器用なんで、作れる自信は全くないのですが笑

不器用って治らないものかなあ(遠い目)

Lin🌸

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました