エステ体験記③「キャビテーション(脂肪溶解)をやってみた」

この記事は約3分で読めます。

こんにちは、Linです🌸

看護師をしている先輩のお店で色々施術を受けてみた私のエステ体験記③はキャビテーションです。

美容系に詳しい方なら「キャビテーションね☺️」とお分かりいただけるかと思いますが、

キャビテーションってなんぞや?というところから実際にやってみた感想や効果なども書いていきたいと思います。

🌸キャビテーションとは

キャビテーションの機械
キャビテーションの機械

キャビテーションというのは痩身目的のエステで置いている事が多い脂肪溶解です。「キャビテーション」とは「空洞現象」。

流れている液体に圧力をかけると気泡が発生し、消滅するという物理現象なのですが、この気泡が弾けて消滅するのを利用したのがこの機械。

脂肪細胞にのみ働きかける特殊な周波数のラジオ波を当てる事で脂肪を潰して老廃物にし、リンパや血液に乗せて体外に排出するんですね。


ちなみにキャビテーションを受けると、

  • 脂肪が老廃物となってリンパや血液へ入る
  • 血液やリンパの流れがよくなる
  • ③代謝を進めて浮腫が改善される
  • ④固くなったセルライトが柔らかくなる
  • ⑤肌の表面にある凸凹を滑らかにする

といった効果が期待されます。

身体に傷もつかないので、楽していらないお肉を落としたい女子にはもってこいの施術ですね。

また、キャビテーションは脂肪細胞の数そのものが減少するのでリバウンドしにくいそうです。

Lin
Lin

セルライトでボコボコのお肌が綺麗になったりカチカチの落ちない脂肪が取れるなんて…ええ事しかないですやん

🌸キャビテーションを効果的な施術にする秘訣とは?

キャビテーションを効果的な施術とするためには秘訣があります。

施術を受ける前にまず、体を温めて体温を上昇させる事。


施術後は老廃物をなった脂肪を身体の外に出すためにたっぷり水分を補給する事。

ここでリンパドレナージュなどのマッサージをすると老廃物の蓄積を避けることができます。

また、代謝が上がっているので、EMSでさらに代謝をあげると効果倍増

エステサロンではホットシートが施術台に敷かれていることもあるのですが、

施術前に身体を温めるやり方として「よもぎ蒸し」や「岩盤浴」などやっているお店もあるので、セットにして受けると良いですよ〜。

↓↓手前味噌ですが先輩のお店で受けた「よもぎ蒸し」と、「岩盤浴」の記事です。↓↓

🌸ストーンマッサージで溶解した脂肪をリンパに流す

ストーンマッサージは、オイルを塗った身体の表面に、約50~60度に温めたスベスベの石(ホットストーン)滑らせ全身をやさしくトリートメントするマッサージです✨

温めたいポイントに乗せたりする使い方もあったり。

ハワイのロミロミマッサージの一種だと思っていたら、これはアリゾナ州発祥のネイティブアメリカン(つまりインディアンですね)のストーンセラピーだそうです。

アメリカ本土が発祥とは意外でした。

ストーンマッサージ&キャビテーション効果については次ページへ

タイトルとURLをコピーしました